うるのんが提供している富士の天然水とは?

うるのんは「富士の天然水」というミネラルウォーターと「やわらか水」というピュアウォーターの2種類があります。

 

どちらも飲料水として問題がないのですが、この2つには大きな違いがあります。

 

この2つの水についての違いは以下の通りです。

 

天然水とは?

 

天然水は富士山のふもとなどで汲んできた水のことを指します。

 

地中の水をそのまま汲んできますので、他の水に比べてミネラル成分を多く含んでいるのが特徴です。

 

ただ、汲んできた水をそのまま飲むとミネラル成分の含有量が多かったり、他の余分な成分(特に体によくない不純物など)が含んでいるため、きちんとろ過されたものが提供されています。

 

RO水とは?

 

RO水とは、水道水などをRO膜という特殊な膜でろ過して不純物を徹底的に排除した水のことで「ピュアウォーター」ともいわれています。

 

元の水は水道水なので、天然水に比べるとミネラル分が少ないですし、味もそこまで美味しいわけではありません。(天然水に比べれば・・・の話で味自体は決してまずくないです)

 

ただ、水自体の綺麗さは問題ないので、赤ちゃんのミルクを作るのに最適です。

 

どちらがいいのか?

天然水とRO水とでそれぞれ特徴が異なりますが、どちらの水が良いのでしょうか?

 

結論から言いますと「主に何に使うか?」によってどちらの水が良いかが変わりますが、赤ちゃんのミルクを作る必要がないのであれば天然水のほうが良いかもしれません。

 

逆に赤ちゃんがいてミルクを作るためにうるのんを使おうと思っているのなら、やわらか水(RO水)がいいでしょう。

 

先ほどもいましたが、天然水はミネラルが含まれており、それが赤ちゃんにはあまり良くないからです。

 

うるのんの場合、水はいつでも変更することができるので、あまり深く考えずウォーターサーバーを使う当初の目的や価格などで気軽に決めて使えばいいでしょう。

 

 

 

>>うるのんの口コミをチェックする